4月新年度を迎え、遂に新元号が「令和」に定まりましたね。それに伴い、5/1の正式改元日に向けて様々な動きが起きています。
私も改元対応についてご質問を受けることがありますが、基本的に、Windowsを使用している場合は改元に対する変更は全てWindow Updateによって更新されます。
こちらのページ にもスタンドアローンパッケージ(特定の事象に対応するためだけのプログラム)での提供はない、と明言しています。

アプリケーションやAPIなどは各ベンダーの対応待ちといったところでしょうが、殆どはモジュールやバッチなどで対応するでしょう。その対応も様々ですが既にどういう対応をされるかは顧客に連絡されていると思います。

地味に気掛かりなのは改元よりも10連休ではないでしょうか。

既に金融機関、医療機関などライフラインに準じる業種からはそれぞれアナウンスがなされています。

全国銀行協会

医療機関は各自治体から周知されているようですので、ご自身の住居地の自治体ホームページを確認されるとよいでしょう。

大阪府の場合(大阪府ホームページ)

10連休自体はあってもいいと思うのですが、
日本の社会が長期の休みを恩恵として受け取る体制になっていないのが気掛かりです。
非正規で就業している方は殆どが時給や日給なのでお休みが増えれば収入が減りますし、特定の時期に一斉に休むことで観光地は混雑します。繁忙期で旅行を計画しても旅費も高く付きますし収入減と同時にダブルパンチです。
うちはもう子どもも成人したので手間はありませんがファミリー層には頭の痛いお休みになりそうです。

私自身は極力仕事を入れようと思います。
時間の余裕がある時しか出来ないようなメンテナンスや、業務や生活上のフローを見直して、休み明けからフルスロットルで仕事が進められるといいんですが。
また、じっくり考える時間も取れそうなので新たなプランでも練りたいと思います。
皆様も有意義な過ごし方を考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です